安江静二先生に学んだ方々のページ


安江先生に学んだ

吉村房雄さん(旧姓・加納)が

旅立ちました

かけがえのない人でした

 2017年10月4日朝、眠るように、とても安らかな表情で安江先生の居るあの世に旅立ちました。安江先生をとても慕っていたので、お二人で芸術や、人間の生きる意味などを語っていると思います。昨年の11月には、文楽「仮名手本忠臣蔵」を主題にした大きな個展を恵那文化センターで開催し好評を得ました。次の個展では文楽「菅原伝授手習鏡」で開催したいと意欲を見せておられましたがとても残念です。

 

 病気になってから約10年、長い長い闘病生活を強いられました。でも、投薬の合間には、痛さや、苦しさなど微塵も感じさせず、満面の笑顔で僕たちの前に現れ、よく飲みました。苗木のスナック・マロンへは良く行きました。そんな時の彼はとても幸せそうでした。

 

 吉村(旧姓・加納)房雄さんは、中部電力に務めながら、昭和三十年代に安江先生の門を叩き、絵を勉強して来ました。以来、弟子達の会である「あざみ会」の結成、安江先生の最初の個展開催、安江先生と東京上野の創造美術展会場へ行ったり、先生と行動を共にしてきました。一時仕事の都合で安江先生から離れた時期もありましたが、安江先生が「特別養護老人ホーム・瀬戸の里」へ入られた時には、バンを車椅子でも乗れるように手すりを付けて改造し、あちこちに先生を連れて出かけておりました。各地で開催される展覧会や、五平餅の会、クラシックを聞く会、先生の大好きな紅葉の季節のドライブなど、安江先生もとても楽しみにされていて、帰りには我が家に必ず寄ってくれました。そんな時の先生の笑顔と房ちゃんの笑顔が今も目に浮かびます。

 

 安江先生の念願だった画集の編集・制作には率先して大変な仕事を引き受け、発刊の記念パーティや出版記念展覧会では、いつも縁の下の力を発揮してくれました。1999年9月に安江先生が瀬戸の里で亡くなったときは、ひとときも先生から離れず、瀬戸の里で行われた葬儀も、いろいろ言われましたが、最後まで主になってやり遂げました。

 

 ここ「安江静二心の記念館」設立には欠かせない重要なメンバーですが、開館以来ことある毎に協力をしていただきました。開催してきた「歌う会」「花火を観る会」「記念館創立記念の会」「先生の命日」など、思い出すときりがありません。病気になる前に、今の奥さん・日本画家の吉村恵美子さんと結婚され幸せな毎日過ごしてこられました。お二人とも画家ですので、よく取材旅行をされておりました。記念館の行事にもいつも二人で来てくれました。

 

 吉村房雄さんが居なくなるということは、記念館にとっても、私にとっても耐えられないくらい大きな出来事です。

とても悲しいです。

 

                                                                  阿部

 

吉村房雄さん(旧姓・加納)思い出アルバム

※画像をクリックすると大きくなります。


画家・滝川英明さん、惜しまれつつ旅立つ 2017年(H29)3月

安江静二先生に学んだ

画家・滝川英明画伯が旅立ちました

 滝川英明さんは、中学3年生の時、尊敬する画家安江静二先生のアトリエに通って油絵を始めました。中津高校3年生の時、岐阜県展で文部大臣賞を受賞されました。その後、多治見市陶磁器意匠研究所で研究生として学びました。作品制作の傍ら中津川市の水上美術研究所に入ります。1977年、渡仏した水上貴博先生に代わり指導リーダーとして、水上美術研究所・大人と子どもの絵画教室をみてきました。1979年には行動美術協会・会友推挙、1988年には多くの受賞とともに行動美術協会の会員に推挙されました。

 

 東京銀座、名古屋、春日井、中津川、恵那などでの個展も数多、受賞も数多く、華々しい活躍をされてきました。岐阜県中津川市では、中津川市美術家協会の設立会員、岐阜県展審査員、中津川市民展審査員などを。また行動美術協会の中部行動展では事務局、自身の絵画教室のアトリエ・タキを主宰し多くの画家の育成に尽力して来ました。

 

 

 以前から身体の調子が良くなく、2016年春頃から入退院を繰り返してきました。2017年2月にはアトリエ・タキで学んだ多くの画家が中心となって、盛大にアトリエ・タキ展が開催されました。大作が並ぶ壮大な展覧会でした。病を押して参加した滝川さんはとても喜んでいました。しかし、翌3月に多くの人達にその才能を惜しまれつつ旅立ちました。

 

66歳の若さでした。 とても残念です。

 

 入院中よく電話がかかってきました。「作品が貯まったから撮影頼む…。」市民病院の病室へ出向くと、沢山の画用紙やパネルに絵を一杯かいていました。布団のシーツはインクや絵の具で真っ黒に!

看護師さんからは、「布団や床が汚れるから、絵をここで描くのを辞めてくれ!」

「絵の具を取り上げますよ!」と、きつく苦情を言われておりました。しかし、そんな言葉に全くひるむことなく、

数多くの作品を市民病院で描き続けました。身体の調子が良くないにもかかわらず、創造、制作、美に対する情熱と執念はすざましいものがありました。

 

 いま、天国で安江先生と美や、心象風景について話しこんでいることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

2001 笠木茂画伯の個展オープニング 仲間の画家たちや、取り巻きと 左から4人目が滝川画伯

2003 5月ヒガシギャラリーでの個展風景

2003.6月 中津川市美術家協会展で 左から阿部、藤原梵さん、滝川さん

2004.7月 アトリエ・タキで生徒と

2007.6月 中津川市美術家協会展オープニング二次会・更科にて

2009.5月 ヒガシギャラリーで個展 生徒達と記念写真

2011.10月 名古屋市 ノリタケの森ギャラリーで個展

2012.5月 自宅の展示室にて

 

 

 あまりにも早い別れにただ呆然と‥。まだまだやることがあったはず。

しかし、神様が連れていってしまった。

全てを描き尽くしたのかな!

 

いま、ボクは彼の遺した作品を整理して画集を作っている。

遺された膨大な量の大作群。

これらの作品の他に、各地の個展で売られた大量の作品がある。

 

どの作品も、造形美に溢れた素晴らしい作品ばかり。

日本でも屈指の才能の持ち主だった。


 彼に課されたものは、描いて、描いて、描き続けて、

自己の存在意義を探す旅立ったのか。

それとも、美の奥底を極める旅だったのか。

 

 

 

 

 タキさ〜 

タキさと過ごした年月はとても 楽しかったよ 

いまも そんな楽しい時は生きているよ

 

タキさは生きていて 

ここにいる

決して失われない時がある

 

いま 

アトリエ・タキには

以前と変わらず

生徒達が 黙々と

作品を描いている

 

見つめるタキさの温かい心は

ここにある

 

 

 


安江先生に学んだ

吉村房雄(旧姓加納)油彩展

仮名手本忠臣蔵 大序〜十一段目

文楽人形浄瑠璃(大阪国立文楽劇場取材)

2016年(H28) 11月25日(金)〜27日(日)

恵那市文化センター展示室にて

 吉村房雄さんは、昭和三十年代に安江静二先生に絵の手ほどきを受けはじめました。

安江先生のアトリエで先生の画友・中川とも先生を知り、お二人の画家からは沢山の教えと大きな影響を受けました。

 二十数年前から、各地の芝居小屋巡りを始め、文楽、地芝居のクロッキーに没頭して来ました。

その間に発病しましたが、闘病の間を縫って描いた多くの作品は、

自己の存在の探求心と、お世話になった方々への感謝の気持ちに満ちています。

お忙しいと存じますが、御高覧の程よろしくお願い申し上げます。 

 

        「安江静二心の記念館」事務局 阿部武東

 

作品はクリックすると大きな画像になります。


安江先生に学んだ

恵那市の“茶房・珈琲人で

吉村房雄さん(旧姓・加納)の個展(終了)

2016年(H28)4月24日〜5月24日      写真をクリックすると大きくなります。

恵那市の茶房・珈琲人(こいびと)で、吉村房雄さん(旧姓 加納)の小品展が開催されています。吉村さんが数十年追い求めてきた文楽・情念の世界と、静物、花などの作品が展示されています。この喫茶店はとても静かで雰囲気も良く、前月には吉村さんの師であった“安江静二小品展”が開催されて大好評だった会場です。吉村さんの作品は店内にマッチしてとても良い雰囲気を醸しだしていました。