滝川英明さん 安江先生に学んだ

 

画家・滝川英明さん、

惜しまれつつ旅立つ 2017年(H29)3月

安江静二先生に学んだ

滝川英明  画伯が旅立ちました

 滝川英明さんは、中学3年生の時、尊敬する画家安江静二先生のアトリエに通って油絵を始めました。中津高校3年生の時、岐阜県展で文部大臣賞を受賞されました。その後、多治見市陶磁器意匠研究所で研究生として学びました。作品制作の傍ら中津川市の水上美術研究所に入ります。1977年、渡仏した水上貴博先生に代わり指導リーダーとして、水上美術研究所・大人と子どもの絵画教室をみてきました。1979年には行動美術協会・会友推挙、1988年には多くの受賞とともに行動美術協会の会員に推挙されました。

 

 東京銀座、名古屋、春日井、中津川、恵那などでの個展も数多、受賞も数多く、華々しい活躍をされてきました。岐阜県中津川市では、中津川市美術家協会の設立会員、岐阜県展審査員、中津川市民展審査員などを。また行動美術協会の中部行動展では事務局、自身の絵画教室のアトリエ・タキを主宰し多くの画家の育成に尽力して来ました。

 

 

 以前から身体の調子が良くなく、2016年春頃から入退院を繰り返してきました。2017年2月にはアトリエ・タキで学んだ多くの画家が中心となって、盛大にアトリエ・タキ展が開催されました。大作が並ぶ壮大な展覧会でした。病を押して参加した滝川さんはとても喜んでいました。しかし、翌3月に多くの人達にその才能を惜しまれつつ旅立ちました。

 

66歳の若さでした。 とても残念です。

 

 入院中よく電話がかかってきました。「作品が貯まったから撮影頼む…。」市民病院の病室へ出向くと、沢山の画用紙やパネルに絵を一杯かいていました。布団のシーツはインクや絵の具で真っ黒に!

看護師さんからは、「布団や床が汚れるから、絵をここで描くのを辞めてくれ!」

「絵の具を取り上げますよ!」と、きつく苦情を言われておりました。しかし、そんな言葉に全くひるむことなく、

数多くの作品を市民病院で描き続けました。身体の調子が良くないにもかかわらず、創造、制作、美に対する情熱と執念はすざましいものがありました。

 

 いま、天国で安江先生と美や、心象風景について話しこんでいることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。《阿部)

 

 


1985年 田瀬矢平にアトリエ完成

1994年 土岐市 陶京で個展

2000年 中津川市合の根にアトリエ完成移転  左からお手伝いの女性、滝川先生、奥様、お母さん

2000年 合の根アトリエ入口の看板

2001 ヒガシギャラリー 先輩の笠木茂画伯の個展オープニング 仲間の画家や、取り巻きの方々と 左から4人目が滝川画伯

 

2003 5月ヒガシギャラリーで個展

2003年6月 中津川市美術家協会記念写真 前列左から4人目が滝川さん

2004年6月 中津川市美術家協会展で 左から阿部武東、藤原梵さん、滝川英明さん

2007.6月 中津川市美術家協会展オープニング二次会・更科にて

2009.5月 ヒガシギャラリーで個展 生徒達と記念写真

2011.名古屋ノリタケの森ギャラリーにて個展

2012.5月 自宅の展示室にて

2013年11月 名古屋ノリタケの森ギャラリーで個展

2015 合の根アトリエの滝川先生

2015 合の根のアトリエ

2015年3月個展の準備

2015.3月 名古屋栄・ギャラリー「彩」個展

2016年5月 中津川市手賀野「詩と美術館」にて個展 ※クリックすると画像が大きくなります。


2017年8月 「中津川市美術家協会展 滝川英明遺作特別展示」紹介パネル

2017年8月 「中津川市美術家協会展 滝川英明遺作特別展示」

      

2017年8月 「中津川市美術家協会展 滝川英明遺作特別展示」

2018年5月 中津川駅前「にぎわいプラザ」「ギャラリーなすの花」にて回顧展 (2会場同時開催)

川英明作品集発刊記念 滝川英明回顧展(終了)・2018(平成30)5月

2017年3月に亡くなった画家・滝川英明氏の作品集発刊を記念して、回顧展が開催されました。

あふれる才能と感性! 回顧展は二会場で同時開催され、多くの力作や、大作が展示されました。

「滝川英明作品集」も回顧展を機に発刊されました。

回顧展期日 2018年5月19日(土)〜25日(金)

会場-1.中津川市にぎわいプラザ5F

会場-2.ギャラリーなすの花

(二会場で同時開催、滝川英明作品集は回顧展会場で販売されました。)

滝川英明英明 作品集より    ※画像はクリックすると》大きくなります。」

滝川英明作品集の問い合わせは】ヒガシギャラリー 中津川市太田町2-4-1 Tel0573-66-8789へ

個展で展示された作品、行動展出展作品、ミクストメディア、ドローイングなどの作品を含め、回顧展を期に滝川”英明作品集を制作致しました。

 作品集では、高校時代の作品、「中津川・日の出町アトリエ、」「田瀬・矢平アトリエ」、「中津川・合の根アトリエ」と、三カ所のアトリエをたどりながら、行動美術出展作品などを紹介しています。

滝川英明先生が精魂込めて描いてきた、多彩な感性に満ちた作品に触れることができると存じます。

●お問合せは、ヒガシギャラーまたは、ギャラリーなすの花まで。

 

24×25cm 112P、作品はオールカラー

¥3500

発行 2018年5月16日   アトリエ・タキ 滝川英明作品集編集委員


アトリエ・タキ作品展 (終了)2019年 平成31年4月

アトリエ・タキ作品展(終了)

                    ご挨拶

アトリエ・タキは、主宰者の滝川先生が亡くなられて丸2年が経過しました。その後も我々生徒は奥様のご厚意により教室を継続し、描き続けております。この度、作品展を開催することとなりました。是非ご高覧賜りたくご案内申し上げます。

                    アトリエ・タキ一同

 

アトリエ・タキを主宰していた、画家の滝川英明先生は、

中学三年のとき、地元の画家・安江静二先生のアトリエに通いはじめました。

安江先生に油絵の指導を受け、画家を志しました。

 

1019年4月18日(木)〜28日(日)

 

会場 ギャラリーなすの花

〒509-9132 中津川市茄子川111-216

TEL・FAX 0543-67-9780

アトリエ・タキで作品を描いているメンバー

アトリエタキ展会場にて

※画像はクリックすると大きくなります。

アトリエタキ展作品

《作品はクリックすると大きくなります。》

新しい情報、ご意見などがありましたら

 

このHPの「お問合せページ」または阿部まで連絡下さい。